[自動]計算、自動UDF判定の設定

ImgBurn > ImgBurnの設定変更 > [自動]計算、自動UDF判定の設定


ImgBurnの構築画面には「自動」チェックボックスがあります。

[自動]計算、自動UDF判定の設定

この機能は

  1. ファイル/フォルダを追加&削除すると自動的にサイズ等の再計算
  2. DVD、BDメディアによりUDF リビジョンが自動で切り替わる
    ※備考・参照。

「自動」チェックボックスの状態は保持されますから、一度オンにすると

ImgBurnを再起動しても「自動」チェックボックスはオンのままです。


▼①  ImgBurnを起動します。

そして以下の「ファイル/フォルダからイメージファイルを作成」部分をマウスでクリックします。

[自動]計算、自動UDF判定の設定

又はメニューから、[モード(M)] -> [構築(B)] を選択します。

[自動]計算、自動UDF判定の設定

 

 


▼② [情報(I)]タブの「自動」チェックをオンします。

[自動]計算、自動UDF判定の設定


▼③ ImgBurnを閉じます。

[自動]計算、自動UDF判定の設定


備考

  1. UDF の自動設定は古いバージョンのImgBurn ではしてくれたみたいですが、
    最近のバージョンでは手動設定に変わったみたいです。
    この「自動」チェックボックスをオンにする事により、
    昔のバージョン同様に自動UDF設定してくれるとの事です。
    これはコメントを頂いた、kirinさんねこさん からの情報です。
  2. BDMV(Blu-ray Disk Movie、BD-MV)を入れると「BDMVフォルダが含まれ~」とか出て勝手にUDF2.5 にする、そうです。
  3. DVD-ROM、DVD-VIDEO:UDF 1.02
    DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM:UDF 2.01
    DVD-VIDEOフォーマットのDVD-R、DVD-RW:UDF 1.02
    BD-RE:UDF 2.5
    BD-R:UDF 2.6
  4. 参照 wikipedia:UDF ユニバーサルディスクフォーマット

 

 

戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください