「ベリファイ前にトレイを入れなおす」の変更

ImgBurn > ImgBurnの設定変更 > 「ベリファイ前にトレイを入れなおす」の変更


CD/DVD/BD メディアに書き込みを行った後に、確実に書き込みが成功したかを再度メディアから読み込んで確認する作業を「ベリファイ」と言います。

ImgBurn のベリファイは設定で「ベリファイ前にトレイを入れなおす」がデフォルトになっています。

この設定の意味は、ベリファイをする前にドライブを一旦開き、そして直ぐに閉じまる一連の動作を自動で行う事です。

※この機能が正確にどの様な意味を持っているのかは不明です。

デスクトップ型パソコンでは全自動で「ベリファイ前にトレイを入れなおす」事が行われます。

しかしノートPC の場合はドライブのトレイが開いた後で、(通常は)自動で閉じる事は出来ません。

つまり人間が手でトレイを閉じる作業が発生します。

トレイを手動で閉じない限りベリファイが始まりません。

時としてこれはトラブルと錯覚したり、作業時間の浪費につながります。

そこでノートPCユーザーに限り以下の設定を推奨します。


▼1. 「設定」画面の[書き込み]タブ -> [ページ1] タブを開きます。

「ベリファイ前にトレイを入れなおす」の変更

 





 


▼2. 「ベリファイ前にトレイを入れなおす」をチェック・オフします。

<変更後>


▼3. 最後は「OK」ボタンを忘れずにクリックします。

「ベリファイ前にトレイを入れなおす」の変更


これでベリファイを行う前にドライブの開閉動作が無くなります。

戻る

「「ベリファイ前にトレイを入れなおす」の変更」への4件のフィードバック

  1. まさに、上記と同じ現象が発生しており、無駄な労力が発生していて困っていました。
    これから100枚近く焼くので・・・(笑)
    とても助かりました。

    ノートPCとデスクトップで、ソフトウェアの動作が変わってくるとは夢にも思いませんでした。

    一旦取り出す意味は、たしかに分かりませんね。

    ・一旦取り出して入れ直した状態のDVDでも、ちゃんと焼けているかベリファイで確認する。(ベリファイ精度向上?)
    ・焼き作業でDVDが熱を持っているので、ベリファイ前に一旦熱を逃がす。(熱対策?)

    とか位しか思い付きませんが、実際はどうなんでしょうね。

  2. au200x さん。はじめまして。

    付属ソフトでシェアの有るNeroソフトはベリファイ時でも
    ドライブは開きません。

    >・・ベリファイ前に一旦熱を逃がす。(熱対策?)

    なかなか鋭い観察力です。
    その他、ドライブ機器側の問題を指摘しているのではないかと予測しています。

    お手伝いにつながって幸いです。

  3. 管理人様
    ご連絡ありがとうございます。

    本ページ参考にさせていただいてから1年半年して、
    PCも変わって、新しくDVDを大量に焼こうとして、
    また同じ問題にはまりました。

    で、同じようにこのページに再度お世話になった次第です。
    いつもありがとうございます。

    >ドライブ機器側の問題を指摘
    なるほど、そんな事もあるのですね

  4. au200x さんへ。

    ※新しいPCとは羨ましい ww

    この手の問題は忘れた頃にやってきます。
    お役に立てて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください